スポンサーリンク

効率よく英単語を覚える方法はこれ!1ヶ月で1000単語も夢じゃない!

大学受験


英単語が全然覚えられない…

この悩みはほぼ全ての学生に当てはまる悩みですよね?英単語は完璧に覚えているよ!なんて人はほぼいないはずです。なかなか覚えられないから違う単語帳に手を出してみたり、違う覚え方を試してみたりして余計覚えられなくなる…というのがよくあるパターンです。

皆さんはどんなやり方で単語を覚えていますか?たとえば、一日20個覚えるぞ!って目標を決めて単語帳の頭からやっていくとか、入試に出る順に並んでいる単語帳を買って一個ずつ覚えていくとか、そんな感じですかね?

実際にそのやり方で上手く行っていますか?うまく行っていないという人に欠けている一つの考え方があります。

単語を覚えるには、その単語と出会う回数を増やすことが大事!

単語を覚えていく上で最も大切なことは、単語と出会う回数を増やしていくことです。例えば、appleという単語がありますよね?この単語を皆さんはどうやって覚えましたか?

appleはりんご。appleはりんご。appleはりんご。

こうやって普段皆さんが単語を覚えているようなやり方で覚えたという人はいますか?多分いませんよね?きっと自然に覚えていたという人がほとんどだと思います。

なんでappleは自然に覚えられるのに、授業で習う単語は自然に覚えられないのでしょうか?それは単語に出会った回数が違うからです。

appleなんて単語は、皆さんの人生の中で数え切れないほど出会っていますよね?でも、みなさんが難しいと感じる単語、例えばambiguousとかspontaneouslyという単語は出会った回数が少ないのです。こんな単語は今初めて見ましたか?いま初めて見たとしても、何回も出会っていけばきっと覚えるはずです。

単語と出会う回数を増やすためにはどうすればいい?

では、単語と出会う回数を増やすためにはどうすればいいのでしょうか?その方法は、単語を短いスパンで繰り返し見ることです。

たとえば、1000単語載っている単語帳があったとして、一日20個ずつ覚えていったとしましょう。そうすると、単語帳が一周終わるのに50日かかりますよね?そこからまた2周目に入ると、一回見た単語に次に出会うのは50日後ということになります。どんなに必死に20単語を覚えたとしても、50日も経てばほとんど忘れてしまいます。

でも、一度見た単語を翌日に見たとすればどうなるでしょうか?たとえ意味を忘れてしまったとしても、「これ昨日見たやつだ!なんだったっけ…」となりますよね?この印象が大切なのです。50日後にもう一回単語を見たとしてもほとんど初見に近いはずです。

ひとつの単語をじっくり時間をかけて一日で覚えようとするのではなく、一回一回に時間をかけず、その代わりにその単語に出会う回数を増やすことが大切です。一回見ただけで覚えることは不可能です。その代わりに、チラッとでもいいので見る回数を増やしましょう。

繰り返し覚えることはなぜ大切か?エビングハウスの忘却曲線より

出典:nakanokiwamu.com

上のグラフを見てください。ドイツの著名な心理学者、ヘルマン・エビングハウスが提唱した忘却曲線のグラフです。図を見てみると、一回覚えたことも何もしなければどんどん忘れて行ってしまうということが分かります。ですが、定期的に復習をするとどうなるでしょうか?

出典:blogspot.com

上のグラフからわかるように、何度も繰り返し学習を重ねることで定着率が高まり、さらに忘れていく割合も小さくなっていきます。そして、何度も繰り返し覚えていくことで完全に定着するのです。

どんなやり方をすればいいの?

僕がおすすめする方法は、付箋を使った方法です。

まず、自分が一日に何単語に触れたいかを決めましょう。僕のオススメは200単語ですが、しんどいのであれば100単語でも構いません。そして、その単語の数だけ付箋を用意します。200単語やりたいなら200枚、100単語やりたいなら100枚です。単語帳にたくさん貼ることになり、付箋に書き込みをするわけではないので、できるだけ細いものを用意しましょう。

そして、単語帳の最初のページからわからなかった単語に一枚ずつ付箋を貼っていきます。もう知っている単語に貼る必要はありません。あくまで知らなかった単語だけです。100枚でも200枚でも、自分がやると決めた分だけ付箋を貼りましょう。

ここで大切なのは、ちょっとでもあいまいな単語には付箋を貼ることです。誰も見ていないので、見栄を張らずに自分と向き合いましょう。1日目はこれで終了です。

次の日は、また単語帳の頭から付箋が貼ってある単語だけを覚えていきます。あまり時間をかけなくていいので、わからない単語は意味を確認したらすぐ次に行きましょう。

そして、覚えた単語の付箋は外します。これを付箋を貼った単語すべてでやります。覚えた単語の分だけ付箋が取れるはずです。その取れた付箋を、これまで貼った付箋の続きのわからない単語に貼っていきます。

次の日も、付箋が貼ってある単語を確認し、取れた付箋の分だけ続きに貼るということを繰り返します。この方法なら、もう覚えた単語に時間を取られることなく、わからない単語は繰り返し覚えることができます。

これを毎日必ず繰り返しましょう。そうすれば知らなかった単語も、何回も繰り返し見ることになるのでいつかは必ず覚えることができます。

単語を覚えるにはとにかく回数!サラッとでいいから繰り返し!

何度も言いますが、単語を覚えるならとにかく繰り返しです。毎日20個ずつ完璧に覚えるというようなやり方はやめましょう。

テストや受験で単語に割ける時間は多くはありません。電車に乗っている時間や寝る前、休み時間などスキマ時間を見つけて繰り返しやっていきましょう。

 

 

 

コメント