スポンサーリンク

【徹底解説】学歴コンプってどういう意味?そうなってしまう理由は何?

大学受験

 

学歴コンプっていったい何?

皆さんは学歴コンプという言葉を知っていますか?学歴コンプとは学歴コンプレックスの略で、自分より優れた学歴を持っている人に激しい嫉妬心を抱いたり、自分が受験に失敗してしまったことに対して後悔したり絶望したりしてしまう症状のことを指します。

学歴コンプがひどくなると、自分自身に誇りが持てなくなってしまったり、自分が通っている学校が嫌いになって、学校に通えなくなったりしてしまいます。

特に、自分の志望校に落ちてしまった人によく起こる症状です。今回は、学歴コンプに陥らない方法や、学歴コンプになってしまった時にすべき考え方を紹介していきたいと思います。

浪人をしてしまう人の特徴とは?浪人を避けるためにはどうしたらいいの?
この記事では、志望校に落ちてしまって浪人生になってしまう人の特徴と、浪人をしないためにどうすればいいのかを紹介しています。

受験生が勘違いしがちなこと

受験生の皆さんの中には、自分の志望校に受かりたいあまりに大切なことを忘れてしまっている人がいます。受験を乗り越えた僕が、受験当時は気づかなかったけれど、今だからこそ分かったことを紹介していきたいと思います。

志望校を一つ下げたからと言って大きな変化はない

これは受験期に皆さんが忘れがちなことです。

「第一志望に受からなければ意味がない」「この大学でしか自分が望んだ大学生活は送れない…」受験の日が近づいていくにつれてこのように考える人が増えてきます。

ですがよほど特殊な学部学科でない限り、志望校のランクを一つ下げても自分のやりたいことはできます。その学校でしかできないことというのは、実はあまりありません。

志望校を決めるとき、この思い込みによって自分の選択肢や視野を狭めて無茶な受験計画を立ててしまう人はたくさんいます。広い視野を持って、どこの大学を受験するのかを決めましょう。

人生は学歴一つで決まるわけではない

これも受験生が陥りがちな勘違いです。

「滑り止めの大学に入ることになってしまったので、僕は一生負け組だ…」「こんな大学には行っちゃったら、いい会社に就職できない…」特に進学校と呼ばれる学校にいる生徒は、このように思い込んでしまう人が多くいます。

ですが、これは全くの間違いです。学歴だけでこれからの人生がすべて決まるわけではありません。し自分が望んでいた学校とは違うところに通うことになったり、不本意ながら浪人することになったとしても、大切なのはその場所で何を成し遂げるかです。

世間は思ったよりも学歴を重視していません。せっかく受験を頑張っているのだからそれが報われてほしいという気持ちはわかります。ですが、学歴だけでなく、人間性や協調性を磨いていくことが大事です。

受験に受かることがゴールではない

一生懸命受験勉強をして自分の志望校に受かった後、一切勉強しなくなってしまう人も中にはいます。これでは、せっかく志望校に受かってもあまり意味はありません。

大切なのは、受験に合格することはゴールではなく新たなスタートだという考え方です。入った大学で何をするのかが大切です。

これは、受験に失敗してしまった人にも当てはまります。志望校に合格できなかったことはとても悔しいと思います。ですが、入学した後も自分のやる気次第で多くの事を成し遂げることができます。自分を悲観することなく、新しい目標を見つけて、そこに向かって努力しましょう。


学歴コンプに陥らないためにはどうすればいいの?

学歴コンプに陥らないために、受験期にすべきことを紹介していきたいと思います。

自分の立ち位置をしっかり理解しよう!

まずは自分の置かれている環境をしっかり理解することが大切です。受験前なら、自分は今どれくらいの成績で、何が苦手で、志望校の合格とはどれほどの距離があるのかをしっかり見極めましょう。

毎年、自分の置かれている立ち位置を理解せずに、絶対に無理な志望校に出願してしまう人も多くいます。それで、落ちてしまって学歴コンプになってしまうということもあります。

自分の実力はどれくらいで、どの志望校が適切で、どう出願すべきかをよく考えましょう。

望んでいなかった大学に入学することになったり、浪人してしまったとしても、それが今の自分の実力だということを理解し、次なる目標に向かって計画を立てていきましょう。

自分は自分、他人は他人という考え方を持とう

この考え方も本当に大事です。自分よりうまくいった人に対して嫉妬したり、自分よりも下の人を見下したりしていても、自分自身に成長はありません。

自分は自分、他人は他人です。みんなそれぞれ目標は違い、実力も違うのです。他人を気にしていても仕方ありません。自分の道を進んでいきましょう。

受験結果がどうなった時にも後悔しないよう計画を立てよう

学歴コンプに陥ってしまう人の中には、受験計画をしっかり立てていなかったことが原因の人も多くいます。志望校や滑り止めの大学など、どこに出願するかをしっかりと計画を立てましょう。

そして、結果がどうなったとしても後悔することのないようにしましょう。もし滑り止めの大学に入学することになったとしても、自分に誇りが持てるでしょうか?すべての大学に落ちて浪人することになったとしても、それを受け入れることができるでしょうか?

自分の気持ちを整理して、後悔しないようにしましょう。

その浪人は本当に大丈夫?浪人して失敗する人の特徴とは
浪人して失敗する人の特徴は? 受験に失敗してしまったり、まだ受験は終わっていないけど全然点数が目標に届かなかったりしたとき、浪人することを考えますよね?しかし、浪人して成績が...

学歴コンプは一生付きまといます。うまく向き合いましょう

学歴コンプに悩まされている人は事あるごとに劣等感を感じたり、他人に嫉妬したりして、自分に誇りを持つことが難しくなってしまいます。

その結果、何をしても楽しくなかったり、常に頭のどこかに劣等感を感じながら生活することになってしまいます。そんな人生は楽しくないですよね?

そんなことにならないためにも、自分の実力と目標を比べて、適切な対応を取りましょう。臨んだ結果にならなかったとしても、それが自分の実力だと受け入れ、前を向いて歩いていくことが大切です!



コメント