スポンサーリンク

【受験生必見】合格するために一番大事なのは戦略を立てることだ!

受験

 


受験生はとにかく戦略を立てることが大事!

受験生の皆さん、こんにちは。皆さんは受験をするにあたって、何を意識していますか?もちろん、たくさん勉強をすることは大切です。でも、それ以前にやっていくべきことがあります。

それは受験の計画を立てることです。ただ闇雲に勉強をしたとしても、成績はなかなか伸びません。また、志望校の事をよく調べることなく受験をしても、合格を勝ち取るのは非常に難しくなってしまいます。

ここで皆さんに一つ、意識しておいてほしい言葉を紹介します。

敵を知り己を知れば百戦危うからず

皆さんが受験という戦いに勝つためには、敵(皆さんで言えば試験の事ですね)と己を知るということが必要不可欠だということです。どちらか一つでも欠けてしまったら合格は遠くなってしまいます。

この記事では、実際に受験に勝つために何をすべきかを紹介していきたいと思います。

まずは自分のことをよく知ろう

まず大切なことは、自分の事をしっかり見つめなおすことです。主に、自分の性格と自分の成績についてよく考えてみましょう。

自分の性格を見つめなおしましょう

自分の性格を改めて理解することは、受験を乗り越えるにあたって必要不可欠です。例えば、成績がなかなか上がらなくても挑戦し続けることができるかどうかや、コツコツ努力するタイプかどうかなどです。自分の性格次第で、受験計画は大きく異なります。

また、自分は長い時間集中することができるかどうかなど、勉強スタイルの好みを知っておくことが大切です。それによって、どのような勉強法をするかが違ってきます。

自分の成績を客観的に見よう

これも非常に大事です。毎年、自分の成績を客観的に見ることができず、無茶な受験計画を立ててしまう人がたくさんいます。自分の成績はどれくらいで、志望校とはどれくらいの差があるのか、模試などを通してしっかり見直しましょう。

【高校生必見】模試の判定を鵜呑みにしてはダメ!その理由を詳しく解説します
模試の結果は当てになる?ならない? 主に中学生や高校生の皆さんは受験のために模試をたくさん受けますよね?特に受験直前になればいろいろな模試を受けて、その結果で志望校を決めることが多いと思います。 模試の結果で一喜一憂したり、...

また、自分の苦手分野を理解することも大切です。苦手分野はどの分野か、そしてそれをどう克服していくのかを考えていかないと、合格は非常に難しくなってしまいます。人それぞれ苦手な分野はあると思いますが、それにどう対処していくかで勝敗が分かれます。

志望校との間にあまりにも大きな距離があるなら、計画の見直しを図ることが必要です。今と同じ勉強法では合格することは難しいです。志望校を下げるのか、もっとたくさん勉強をするのかなど、必要な手を打ちましょう。


次に、志望校や試験についてしっかり調べよう

まずは受験のシステムを調べましょう

まず大事なことは、これから自分がどんな試験を受けることになるのかをしっかり調べていくことです。大学受験をするなら、多くの人は共通テストを受けることになりますよね?そのあとに二次試験を受けることになります。

それぞれの試験の科目や日程、出願日や出題の特徴などをしっかり調べておきましょう。これを怠ると、受験の計画が立てづらくなったり、それぞれの試験の対策が遅れてしまうなど、受験の失敗につながる様々な影響が出てしまいます。

出願日程を間違えてしまい、願書を出すのが遅れてしまったらもう今年の受験は終わりです。こんなことで1年を棒に振りたくないですよね?こうならないためにもしっかり調べておきましょう。

次に志望校についてしっかり調べましょう

次は、志望校の事について調べましょう。キャンパスはどこにあり、どういう学部があり、どういう研究をしているのかなどは必ず知っておきましょう。夏休みなどにオープンキャンパスに行くのもオススメです。

そして、志望校の試験について調べましょう。入試科目には何があり、共通テストではどの科目を受ける必要があるのか、そしてどんな入試の方式があるのかなどを必ず調べてください。これを怠ると、受験直前になって志望校を受けることができないことがわかったりして、受験計画に大きな影響が出てしまいます。

まだ志望校が定まっていない人も、興味があるところや気になっている大学など、志望する可能性のある所は全て調べておきましょう。

学校や学部学科によって、同じ受験科目でも配点が異なったり、出題範囲が違ったりしてきます。可能であれば、過去問を見てみて、自分と相性がいいかどうかを確かめましょう。

共通テストの社会科目のおすすめは何?文系理系それぞれ解説します
社会の科目選択って悩みますよね? 社会の科目選択は、多くの高校生の頭を悩ませている問題だと思います。世界史、日本史、地理、現代社会、倫理、政治経済、倫理・政治経済と様々な科目があります。 それぞれの科目で学習内容や出...


じゃあどうやって計画を立てればいいの?

ここまで、自分のことと入試のことを調べることが大切だということをお話してきました。じゃあ、実際にどうやって計画を立てればいいのでしょうか?

それは、最終的なゴールを定めて、そこから逆算して今何をすべきかを決めるという方法です。

まずは最終的なゴールを定めてください

計画を立てる上で、最初にやるべきことはゴールを定めることです。受験に合格するためには、いつまでに自分がどうなっていなければならないのかを決めてください。

受験の場合だったら、入試本番の日までに合格できる程度の学力を持っていなければいけませんよね?また、共通テストと二次試験に分かれているところも多いので、その場合はそれぞれの受験日までに合格できる程度の点数を取る必要があります。

次に、ゴールから逆算して計画を立てましょう

ゴールは定まりましたか?定まったら、次はそのゴールに到達するためにいつまでに何をしなければならないのかを考えましょう。

まずは、月単位という大きなスパンで目標を立てましょう。例えば、8月までに基礎を終わらせて、そこから演習に入るなどです。大きなスパンで目標を立てた後、どんどんスパンを短くしていきます。

大きなスパンでの目標を達成するために、今週は何をしなければならないのか、今日は何をしなければならないのか、今何をしなければならないのかという風に順番に計画を立てましょう。

このように目標を立てれば、今自分が何をすべきかを見失うことなく、中途半端な状態のまま受験を迎えるということを避けることができます。

戦略をしっかり立てるかどうかで受験の成功は大きく変わります

無計画で闇雲に勉強を重ねても、合格にはなかなか近づきません。戦略をしっかり立てるかどうかで、受験結果は大きく左右されます。

いろいろなことを調べたり、計画を立てている時間がもったいないと感じる人もいるかもしれませんが、費やした時間以上のものを得ることができます。

今自分には何が必要かを考えるのはとても大事なことです。しっかり戦略を立てて、ほかの受験生と差をつけましょう!


コメント