スポンサーリンク

そこそこの高校生がそこそこ頑張ってそこそこの大学に入った合格体験記

受験

 


国立大学に現役合格した体験記だけど…?

こんにちは!このページを見てくれているということは、皆さんは受験生ですかね?今回は受験生の皆さんに少しでも役に立てばと思って、僕自身の合格体験記を書いていきたいと思います。

ですが、僕は劇的な逆転合格を成し遂げたわけではありません。ある特別な方法を使って偏差値が急に20上がったわけでもありません。あくまで、そこそこの高校生がそこそこ頑張ってそこそこの大学に入った話です。

逆転合格を成し遂げる人はそう多くない

世間には逆境を乗り越えてE判定の大学に現役合格したり、とある方法に出会ったので偏差値が20上がりました!なんて話は数多くあります。有名なのはビリギャルなどですね。ですが、実際にこのような劇的な合格を果たした人ってほとんどいないんですよね。

受験生の大半は普通の方法でまあまあ努力してまあまあの志望校に受かっています。一部の人が声高に逆転合格の話をしていても、ほとんどの人はそうではありません。普通の受験生が東大に入った体験談を聞いても正直あまり参考になりませんよね。

今回はそんな普通の受験生の皆さんのために、僕の普通の合格体験記を話していきたいと思います。普通の受験生の皆さんには案外役に立つかもしれません。受験勉強の息抜きにでも読んでみてください。

まずは僕がどんな高校生だったか知っておいてもらいたいと思います

そこそこの高校に通う普通の高校生

僕が通っていた学校は、地方にある地域では一番の進学校でした。その地域の人には「頭いいね~」などといわれたりもしますが、しょせん井の中の蛙で全国から見れば決して素晴らしい進学実績とは言えない学校です。東大や京大に進学する人もいますが、下位の人たちは名前も知らないような学校に進学しています。

そこで僕は運動部の部長を務めていました。ですが決して上手なわけではなく、部内では真ん中くらいの上手さでギリギリベンチに入れたレベルです。僕は主にこの部活の友達とつるんでいました。

授業はそこそこ真面目に聞いていましたが、教科によっては授業を爆睡していました。課題は基本的に出さない学校なので、長期休み以外で課題をやらされた記憶はありません。

放課後や休日は週五日部活があり、土日の練習後は友達と遊びに出かけて帰りは8時過ぎという感じです。

受験期は塾に通わなかった

塾には通わず、受験期は参考書と過去問だけで勉強していました。僕も両親もあまり学歴に興味がないので、まあまあのところに受かることができればいいと思っていました。塾に行かなかった理由はなんかめんどくさかったからです笑。

苦手な科目だけはスタディサプリを使って学習していました。下手な塾や予備校に通うより、こっちのほうがいいと思います。スタディサプリの魅力については以下のページを見てみてください。

スタディサプリは受験業界に革命を起こす!その魅力を徹底解説
勉強に対する悩みを抱えているなら 学生やその保護者の皆さんの中に、こんな悩みを抱えている人はいませんか? ・塾に通いたいが、高すぎて通えない ・通っている塾が自分と合わない こんな悩みを抱えている皆さんにピッタリのサ...

そして中堅国立大学に現役合格

そしてなんやかんやあって中堅国立大学に現役合格することができました。ちなみに理系で工学部です。大学を選んだ理由はなんとなくそこが気に入ったからで、学部を選んだ理由は小さいころから機械などに興味があったからです。

ここまでの道のりは後で詳しくお話していきたいと思います。

1~2年のときの話

部活と遊び優先の生活

僕の高1、高2時代はとにかく部活と遊び優先でした。ほぼ毎日部活があって、終わったら友達と一緒に遊びに行ったりご飯を食べに行ったり、そんな生活でした。

高校ではいい友達に恵まれたので、高校生活はとても楽しかったです。もし過去に戻れるとしたら高1に戻りたいと思っているくらいです。

勉強はテスト前にやるくらいでした

勉強はあまりやらずに遊んでばかりいました。ただしテスト前1週間は部活がなくなるので、その期間はそれなりにテスト対策をしていました。

学年順位は、定期テストが50~60番くらい、模試では30~50番くらいと模試のほうが得意でしたね。学年の中だと中の上といった感じです。

ただ、一回先輩に成績を馬鹿にされたことをきっかけにすごく勉強したことがありました。そのあとの模試では過去最高の順位をとり、その先輩よりもはるかに上の順位を取ることができたので、その先輩に成績表を突き付けてやりましたね笑。

進路は理系を選択

僕は理系のコースに進むことに決めました。理由はいたって単純で、機械などに興味があったからです。また物理が好きだったのもあります。

皆さんも進路選択は自分の興味で選ぶようにしましょう。数学が苦手だから文系にするとか、社会が苦手だから理系、大学に入って遊びたいから文系など、不純な動機で安易に選択すると後々必ず後悔することになります。

学生の皆さんへのアドバイス

学歴にこだわりがあって今の自分の実力では難しいという大学を目指している人や、絶対に成し遂げたい夢がある人はそれに向かって全力で努力しましょう。ここで気を抜いてしまうと後々後悔してしまいます。

またこれといった夢がなく、自分の実力相応の大学に進学できればいいと思っている人は、この期間に全力で部活に励んだり、全力で遊んでおくことをオススメします。高校生活は人生で一番楽しい期間といっても過言ではありません。

個人的には、絶対に遊んでおくべきだと思います。そして勉強は、テスト前などにしっかりやっておけばいいと思います。実力相応の学校を目指すならそれで十分です。どうせ受験期には嫌でも勉強しなければならないのですから。

いずれにしてもこの期間はとっても大切で、かつ一瞬で過ぎ去ってしまうものです。大人になってから後悔する人が非常に多いです。後悔することのないように、よく考えて充実した生活を送れるようにしましょう!


コメント